存在を忘れられるくらいのある小説と出会ってでいいんです。

【マークX】謙虚さを伝えながら、でも、しっかり記憶に残るでしょう